2017年01月18日

【遥アート】全商品15%割引!クーポンのご案内

 いつもオンラインショップ遥アートをご愛顧いただきありがとうございます。
 さて、この度、オンラインショップ遥アートにて利用していただける15%割引クーポンを用意しましたので、ご案内いたします。

クーポン内容
 オンラインショップ遥アートの全商品が表示価格より15%割引となります。

利用可能期間
 ご案内日〜平成29年3月31日まで

クーポンコード
 VDNB398K

ご利用方法
 クーポンの使い方

 なお、利用可能期間であればクーポンは何回でも利用可能です。
 この機会にぜひご活用ください。
posted by flymoon at 17:11| Comment(0) | 遥アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

旅の画家 矢崎千代二 「画集と書籍」より

 矢崎千代二は旅の画家である。明治36年、博覧会事務局美術部員として渡米、そこからヨーロッパを巡歴して6年後に帰国。
 大正5年から10年間は中国からヨーロッパへと渡り、パリを拠点とし、インドやアジア各地を転々とした。
 その後も、南米、アフリカ、中国など各地へスケッチ旅行に出かけ、最後は北京で亡くなった。
 初期には水彩画や油彩画を主としたが、やがてパステル画を主とするようになり、パステル画の先駆者である。

画集と書籍より
・[画集]矢崎千代二作パステル歴遊画集 → 遥アートにて販売中
pastel2.JPG

pastel4.JPG


・[書籍]絵の旅から → 遥アートにて販売中
zu_e1.JPG

zu_e2.JPG


・[書籍]南米繪の旅 → 遥アートにて販売中
zu_n2.JPG

zu_n3.JPG

posted by flymoon at 01:22| Comment(0) | art gallery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

パナソニック(旧National)食洗機NP-60SS5が故障したので修理してみました

 平成16年に購入したパナソニック(旧National)食器洗い乾燥機NP-60SS5が故障したので修理しました。(なお、この記事には部品の分解なども含むため参考にされる場合は自己責任でお願いいたします。)
ss1.jpg
図1 修理が終わって稼働中のNP-60SS5

 ネットを検索するとパナソニック製食洗機の不具合の多いことといったら・・・実に驚きます。構造上の設計ミスではないかとも思える出来です。しかし、かといって購入したいような据え置き型の食洗機も販売されていないのでいまだに現役です。
 
 今更修理を依頼するのももったいないので、他の方の奮戦記を参考に自分で修理することにしました。
 今回、連続的につぎのような2つの不具合が発生しました。

不具合1 「洗い」は問題なく動作しますが「すすぎ」に入ると給水と排水を延々と繰り返すだけで先に進まない。

不具合2 数日使用していないと、食洗機内部に水があふれてくるようになった。


 まずは、本体後面のゴム製の排水キャップをはずし、本体底部の余分な水を排水します。このキャップが硬いので少しずつ左右に動かしながら引っ張って外します。
ss2.jpg
図2 本体裏面の排水キャップ

 充分排水したら、本体を上下さかさまにして底部のカバーを外します。
 まずは、2本のねじをはずして、前側の底部カバーを外します。(図3)次に、残り4本のねじをはずして、カバーをすべてはずします。全部はずすと図4のようになります。
ss3.jpg
図3 前側の底部カバーをはずしたところ

ss4.jpg
図4 底部カバーをすべてはずしたところ


修理1 「洗い」は問題なく動作しますが「すすぎ」に入ると給水と排水を延々と繰り返すだけで先に進まない。

 他の方の奮戦記を参考にすると、この症状は本体底部にある水位スイッチが食べかすなどのつまりなどで正常に動作しなくなっているのが原因のようです。 → 水位スイッチの内部を清掃します。
ss5.jpg
図5 汚れで動作しなくなった水位スイッチ(左側)と清掃後の水位スイッチ


 図5左側の画像のように水位スイッチはごみでつまり、内部のフロートが全く動作できない状態でした。(内部はあまりに汚かったので画像は省略します)
 水位スイッチの内部とホースを清掃して、わずかな時間で修理完了です。これで問題なくすすぎができるようになりました。この不具合に修理を依頼するのはさすがにもったいないですね。

修理2 数日使用していないと、食洗機内部に水があふれてくるようになった。

 食洗機内部の水位は給水ホースを取り付けている分岐水栓の高さ位まで増えているので、単純に給水ホースからの水が内部で漏れているようです。 → 給水弁(図4参照)からの漏れだと思われます。

 まずは給水弁を分解してみました。
ss6.jpg
図6 分解した給水弁

 給水弁には「いじり止めトルクスねじ」(図6左上)が使用されており、はずすためには図6(中央上)のような専用のビットが必要です。おそらく図6(右上)のゴムパッキンの劣化によって、電磁弁がOFFのときにも給水ホースから水が漏れているのだと思われます。
 とりあえずパッキンをクリーニングしてみましたが、症状は改善しません。

 部品を調達しようと、近くの家電店へ行きましたが、直接サービスへ依頼するようにいわれて部品のみの取り寄せができませんでした。型番は給水弁AXW29A-2010らしいですが、ネットでもこの型番は流通していないようです。

 困って「食洗機 給水弁」でネット検索していると、どうやらパナソニック製の給水弁は電磁弁部分の構造は共通のようです。ダメもとで、ネットで購入可能な給水弁AXW29A-1240を注文しました。2500円位です。
ss6a.jpg
図7 ネットで購入した給水弁AXW29A-1240


 そして分解して並べてみたのが次の図です。
ss6b.jpg
図8 本体に取り付けられていた給水弁(下)と購入した給水弁(上)

 予想通り、電磁弁部分の構造は全く同じでした。図9のように本体に接続するパーツの構造のみ異なります。
ss6c.jpg
図9 NP-60SS5用パーツ(左)と今回購入したパーツ(右)


 修理は給水弁の電磁弁部分(パッキン・プランジャー・スプリングなど)を新しい電磁弁のものに交換して完了です。

 いつまで、使い続けられるか分かりませんが、今のところ不具合も解消して問題なく動作しています。



posted by flymoon at 18:49| Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

【art gallery 番外】 日本画 絹本彩色 

 空き家になった実家から伯父さんの日本画をもらってきた。もともと絵が趣味だった伯父が趣味として日本画を描き始めた昭和60年頃の作品です。(おそらく)
 絵は額裏のボードに直接セロテープで止めてありシミ・よごれ・波打ちが目立ったので、絵とボードの間に保護用の中性紙をはさみ中性紙の接着テープで上部のみ止めて額装しなおしてみました。

 伯父さんには中学生の頃に絵を手ほどきしてもらったことがあり、その頃が懐かしい・・・。

sagai1.jpg

sagai2.jpg
(佐貝承清 作 日本画 絹本彩色 8号サイズ )

 
posted by flymoon at 19:00| Comment(0) | art gallery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

【セール中】 藤井勉 「休息」 油彩画 3号

 割引価格で販売中のスプリングセールがまもなく終わります。
 4月1日からは通常価格の販売となります。

kyusoku1.jpg

 精緻な写実と透明な空気感で人気が高い現代日本洋画を代表する藤井勉画伯の作品です。

作家名 藤井 勉
作品名 休息

<作品>
サイズ:F3(27.3×22cm)
技法:キャンバスに油彩
署名:作品右下にサイン、キャンバス木枠裏にサイン、タイトル。
状態:良好

<額縁>
サイズ:40.5×35cm
状態:良好
その他:ガラスあり、あわせ箱

 現在、遥アートYahoo!店にて期間限定価格でセール中です。 → 購入ページ

posted by flymoon at 01:00| Comment(0) | art gallery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする