児島虎次郎記念館から高梁市成羽美術館へ

 児島虎次郎の作品に出合うために、大原美術館児島虎次郎記念館と岡山県高梁市にある成羽美術館を訪れました。 ◆児島虎次郎記念美術館 児島虎次郎記念美術館  児島虎次郎記念館は1972年(昭和47)、大原美術館の別館として、明治期の倉庫を改装してアイビースクエア内に開館されました。虎次郎の作品約200点を所蔵しており、代表作などを順次常設展示しています。  また、虎次郎が収集した古代エジプト美術と中世イスラム美術などはオリエント室で鑑賞できます。  なお、児島虎次郎記念館は今年いっぱいで閉館され、所蔵品は2020年までに開館予定の新児島館(旧中国銀行倉敷本町出張所)へ移される予定ですので、今後訪れる予定の方はWebサイト等でご確認ください。  大原美術館(児島虎次郎記念館) → 公式Webサイト ◆高梁市成羽美術館 高梁市成羽美術館  高梁市成羽美術館は、児島虎次郎の遺徳の顕彰を目的として1953年(昭和28)に開館しました。現在の美術館は3代目に当たり、建築家安藤忠雄氏の設計により1994年(平成6)11月に新築開館したものです。  この美術館には児島虎次郎展示室(成羽美術館所蔵絵画の展示)とオリエント展示室(児島虎次郎が収集した古代エジプト遺物などを展示)が設けられています。 リーフレットと入館券    高梁市成羽美術館 → 公式Webサイト  児島虎次郎は1881年(明治14)岡山県下原村(現 成羽町)に生まれました。1…

続きを読む

大原美術館と25年ぶりの「琥珀の女王」

 大原美術館は、日本で最初の西洋美術を中心とした私立美術館として、1930年に開館しました。1929年に亡くなった洋画家児島虎次郎の業績を記念するため、実業家大原孫三郎によって倉敷に設立されました。当初の所蔵品は、大原孫三郎の委嘱を受けた児島虎次郎が、主として1920年代に欧州で収集した作品や、エジプト、中国、朝鮮半島の古美術などと、児島虎次郎の代表的な遺作でした。 大原美術館本館入口  玄関には両脇にロダン作「洗礼者ヨハネ」と「カレーの市民 ジャン=デール」のブロンズ像があります。  展示館は、本館、分館、工芸・東洋館、児島虎次郎記念館の4つに分かれています。全ての作品をゆっくり鑑賞したい場合は最低でも2~3時間が必要だと思います。私は、倉敷初日(PM)に児島虎次郎記念館、2日目(AM)に本館、分館、工芸・東洋館とまわりました。  なお、入館料は4館の共通券のみで一般1300円、大学生800円、小・中・高500円です。  また、以前は写真撮影可能な時期がありましたが、現在は残念ながら写真撮影禁止です。 共通入館券 ◆本館:西洋近現代の絵画と彫刻  大原美術館のすばらしさは、児島虎次郎が実際に世界各地に足を運び、自身で見て交渉して収集してきたコレクションに尽きます。  大原美術館を鑑賞していると、作品のすばらしさだけではなく、あの時代によくこのような作品が収集できたものだと感動します。日本からフランスまでいくのに最低でも1か月以上かかる時代ですから。ま…

続きを読む

【値下げ】向井潤吉 「ヴァイオリンを持つ少女」 油彩画10号 公式鑑定証付

 モデルは鰐渕晴子さんで、昭和31年の週刊朝日表紙コンテスト用に描かれた作品です。  鰐渕晴子さんは幼少より天才少女バイオリニストとして騒がれていました。この作品が描かれたときはまだ10歳ながら、凛とした眼差しが輝きを放ち、魅力的な作品となっています。  実際に表紙絵に使われた作品は次のものですが、皆さんはどちらがお好みでしょうか? 週刊朝日 昭和31年3月11日号 作家の弁(週刊朝日 昭和31年3月11日号より) モデルの弁(週刊朝日 昭和31年3月11日号より)   なお、モデルの弁に書かれている「可愛いお姉様」が向井画伯のお嬢様で、向井潤吉作品の「公式鑑定人」浜田美芽さんです。販売中の作品も、浜田美芽さんの鑑定を受けております。 鑑定証  → 遥アートyahoo!店にて販売中です  

続きを読む

エアコン専用コンセントを設置してみた(ミサワホームO型の悲劇)

 我が家は、築30年ほどになるミサワホームO型です。特徴のある外観で、結露を防止するための小屋裏換気機能を備えた「越屋根」が屋根の上に載っています。この越屋根部分はロフトとして収納スペースになっています。 ミサワホームのパンフレットより ◆はじまりは15年前  平成14年7月、家電量販店でエアコンを購入し、2階の洋室に設置を依頼しました。1階のリビングと2階和室にはもともとエアコン用の専用コンセントが付いていましたが、この洋室には専用コンセントがありません。  帰宅して、その部屋に入りがっかりしました。エアコンからは2メートルほどの電源コードが垂れ、その先に長い延長コードが接続されて、部屋の片隅のコンセントにささっているではありませんか。「なんだこれ~!」  そもそも、エアコンには専用コンセントが必要で、設置してくれるものだと思っていました。  若干の不安はありました。ミサワホームO型には天井に点検口がありません。つまり1階の天井にも2階の天井にもアクセスができません。玄関ホールの吹き抜け中央部に、屋根裏まで続く配線用の大黒柱があり、その1階部分に点検口が1つ設けられているのみです。ここからは電話線と一部のコンセントとスイッチ用の配線しか通っていません。(建築当時の屋内配線図では分電盤から2階への配線はすべてこの柱の内部を通っていることになっているのに、実際には一つも通っていませんでした。おそらく、最も近道で壁の中を通して配線されていると思われます。(まったく!))…

続きを読む