プロジェクター電波時計の改造その2 電池とACアダプターの自動切り替え

 暗くなると自動でプロジェクターが常時点灯するように改造した「プロジェクター電波時計」は、現在も順調に動作しています。しかし、依然と不満点はあり、その不満を多少なりとも解消する方法はないかなあと考えてみました。  前回の記事:プロジェクター電波時計を暗くなると常時点灯するように改造してみた 不満点について  不満点は、電波受信の感度が悪い。これにつきます。  標準電波受信の感度が悪く初期の電波受信にはとても時間がかかります。また、受信失敗することも多く、場所を選びます。  そのため、電池交換やACアダプタの抜き差しのたびに生じるリセットがちょっとストレスになります。  また、単三電池で時計が動作している状態でACアダプターのDCプラグを本体のDCジャックに挿入すると、電池を切り離し(電源OFF)ACアダプターから電源が供給(電源ON)されます。そのため、電池交換と同様、表示はリセットされ自動的に標準電波受信を開始します。ACアダプターを抜く場合も同様にリセットがかかってしまいます。(私の場合は、DCプラグを抜いても回路図1のDCジャック②のばねが戻らず、電池が使えなくなってしまいます。)  電池がセットされていても、ACアダプターのプラグが挿入されている限りはACアダプターの電源が使用されています。この状態で停電になると電源はOFFとなり、プラグを抜かない限り電池は物理的に利用できません。  せめて電池とACアダプタを両方セットしていたら、停電になったときやAC…

続きを読む