松尾洋明  「シナイの道」 油彩画 F10号 傑作です!

 この絵画には画伯が好んで使用されていた同志舎の油彩額 亜土(青黒)を新品で用意しました。  額縁表面のクラッキング柄がレザーのようにも見え、落ち着いた雰囲気の青黒色に松尾画伯のパープルカラーが映えます。  額(アクリル・黄袋付き)のみで1万5千円以上しますのでお得です。 ◆遥アートにて販売中です。

続きを読む

【値下げ】向井潤吉 「ヴァイオリンを持つ少女」 油彩画10号 公式鑑定証付

 モデルは鰐渕晴子さんで、昭和31年の週刊朝日表紙コンテスト用に描かれた作品です。  鰐渕晴子さんは幼少より天才少女バイオリニストとして騒がれていました。この作品が描かれたときはまだ10歳ながら、凛とした眼差しが輝きを放ち、魅力的な作品となっています。  実際に表紙絵に使われた作品は次のものですが、皆さんはどちらがお好みでしょうか? 週刊朝日 昭和31年3月11日号 作家の弁(週刊朝日 昭和31年3月11日号より) モデルの弁(週刊朝日 昭和31年3月11日号より)   なお、モデルの弁に書かれている「可愛いお姉様」が向井画伯のお嬢様で、向井潤吉作品の「公式鑑定人」浜田美芽さんです。販売中の作品も、浜田美芽さんの鑑定を受けております。 鑑定証  → 遥アートyahoo!店にて販売中です  

続きを読む

旅の画家 矢崎千代二 「画集と書籍」より

 矢崎千代二は旅の画家である。明治36年、博覧会事務局美術部員として渡米、そこからヨーロッパを巡歴して6年後に帰国。  大正5年から10年間は中国からヨーロッパへと渡り、パリを拠点とし、インドやアジア各地を転々とした。  その後も、南米、アフリカ、中国など各地へスケッチ旅行に出かけ、最後は北京で亡くなった。  初期には水彩画や油彩画を主としたが、やがてパステル画を主とするようになり、パステル画の先駆者である。 ◆画集と書籍より ・[画集]矢崎千代二作パステル歴遊画集 → 遥アートにて販売中 ・[書籍]絵の旅から → 遥アートにて販売中 ・[書籍]南米繪の旅 → 遥アートにて販売中

続きを読む