【フランス旅行】日程のまとめ +α

  フランス旅行の記事を日程順に整理すると、次のようになります。 フランス旅行の日程   ・シャルトル ~ ロワール   ・モン・サン・ミッシェル   ・エトルタ ~ モネのアトリエと睡蓮の庭   ・ヴェルサイユ宮殿 → ルーブル美術館   ・(自由行動)オランジュリー美術館 → 凱旋門~セーヌ川散策~ノートルダム   ・(自由行動)オルセー美術館  最後に、記事に載せる予定だったのに落としてしまった写真を数点紹介します。 3つの凱旋門  エトワール凱旋門とラ・グランダルシュ(新凱旋門)を紹介しましたが、もう1つはカルーゼル凱旋門でルーブル美術館の敷地内にあります。 カルーゼル凱旋門  この凱旋門の奥に、ルーブルのピラミッドが見えます。写真手前の反対方向にはチュイルリー公園、そしてその先にエトワール凱旋門がはっきり見えます。  3つの凱旋門は一直線上に並んでいます。 エッフェル塔  ギュスターヴ・エッファルが設計した鉄塔で、パリ万博の時に建てられました。  モネの家からパリへ移動し、「エッフェル塔が見えるとっておきのスポットへご案内します」ということで、到着したのはシャン・ド・マルス公園です。  確かに素敵な場所ですが、問題は・・・到着した時間。  完全に逆光!いつまでも逆光!! シャン・ド・マルス公園からのエッフェル塔 オペラ座(パレ・ガルニエ)  1875年、シャルル・ガルニエの建築による主にバロック…

続きを読む

【フランス旅行】エトルタ ~ モネのアトリエと睡蓮の庭

 旅行中のホテルの朝食は、豪華ではないですが、パンと飲み物以外にハムやまるごとの果物などが用意されていて、とてもおいしかったです。  この日は、ホテルで朝食後、モン・サン・ミッシェルから北東方向へ230kmほど離れているエトルタへ向かいました。   エトルタ  エトルタは断崖と砂利の浜が人気の海岸のリゾート地。なかでも砂浜の両側にそびえる断崖が一番の見どころです。  特に西側のアヴァルの断崖は絶景で、モネなど多くの画家がこの断崖を描いています。 西側のアヴァルの断崖 断崖へは歩いて登ることができます 海水浴を楽しむ観光客  訪れたのは7月下旬ですが、エトルタのこの日の気温は18°程度。体感的にはかなり寒かったですが、浜辺で短い夏を楽しむ観光客の姿がありました。   東側のアモンの断崖 この断崖にも15分程度で歩いて登ることができます 海から町の中心まで続く大通りと美しい街並み 町の中心にあるフォッシュ広場 奥の建物には入り口にMirie(役所?)と記されていました  車の桜のプリントが気になって、シャッターを押しました。持ち主はどんな方でしょうか?  この左側に有料トイレがありました。日本人は皆50セントを入れて利用していましたが、係員がいないので料金箱を平気で無視する**人も。 (昼食)メイン料理はムール貝。そして、フランスではなぜか付け合わせはポテトフライ。  場所はエトルタの高台にあるホ…

続きを読む

【フランス旅行】モン・サン・ミッシェル

 この日は、トゥールから4時間以上かかってモン・サン・ミッシェルに到着しました。  モン・サン・ミッシェルはフランス北西部の大西洋に浮かぶ小さな島です。 対岸からモン・サン・ミッシェルを望む (昼食) モン・サン・ミッシェル名物のオムレツ  プーラール夫人が考案したといわれているモン・サン・ミッシェル名物の特大オムレツです。目の前で数人分に切り分けます。  ふんわりとした食感は何とも言えませんが、味は微妙でした。私には、塩っ辛さが気になって・・・。 モン・サン・ミッシェル(Mont St -Michel)  708年、大天使ミカエルのお告げにより司教オベールが、モン・トンブといわれる岩山に聖堂を立て、10世紀には修道院が設置されました。13世紀にはほぼ現在の姿になったそうです。100年戦争時代には城塞、フランス革命後は監獄として使用され、19世紀末から観光地となり、1979年に世界遺産に登録されました。   下階、中階、上階の3層からなる修道院 王の門  堀と跳ね橋、落とし格子で守られた町の入り口。    入り口から修道院まで続く狭い石畳にはレストランやショップが立ち並び、観光客であふれています。 修道院の入り口を目指します。   下階層  修道院の入り口から大階段を上がって最上階のソー・ゴチエのテラス、西のテラスへ向かいます。 大階段途中から入り口側を撮影 上階層 ソ…

続きを読む