洗面所をDIYでリフォーム

 ◆前回の関連記事 → トイレ交換のため壁紙とクッションフロアをDIYでリフォーム  我が家の洗面所の間取りは下図のとおりです。リフォーム前の写真は撮ってありませんが、洗面化粧台は750mm幅、奥行き480mmながらカウンターが1650mm幅の1枚板で、とても気に入っていました。しかし、洗面化粧台とカウンター下のキャビネットがさすがに古くなりましたので、リフォームすることにしました。  今回のリフォームでも1枚板のカウンターにしたいと、各メーカーの洗面化粧台について調べてみましたが、非常に高額になったり、逆に安物だったり、奥行きが大きすぎたり、となかなか我が家に合いそうなものが見つかりません。  パナソニックのシーラインと迷いましたが、  ・予算を15万円以内に抑えたい。  ・いままで使用していたトールキャビネット200mm幅を洗面台の隣に設置したい。  ・洗面所への出入りを考えると合計幅は1650mmより100mm程度小さくしたい。  ・奥行きは500mm以内に抑えたい。 などの理由で、最終的に1枚カウンターをあきらめ、リクシルのLC洗面化粧台(900mm幅)とLC用キャビネット(450mm幅)を組合わせることにしました。 1 古い洗面台、壁紙、クッションフロア、巾木の撤去 △洗面化粧台の撤去  給水、給湯管の止水栓まではそのまま利用予定なのでつけておきます。 △壁紙、CF、巾木をはがします  壁紙をはがす時にはできるだけ裏紙は残るように…

続きを読む

松尾洋明  「シナイの道」 油彩画 F10号 傑作です!

 この絵画には画伯が好んで使用されていた同志舎の油彩額 亜土(青黒)を新品で用意しました。  額縁表面のクラッキング柄がレザーのようにも見え、落ち着いた雰囲気の青黒色に松尾画伯のパープルカラーが映えます。  額(アクリル・黄袋付き)のみで1万5千円以上しますのでお得です。 ◆遥アートにて販売中です。

続きを読む

トイレ交換のため壁紙とクッションフロアをDIYでリフォーム

 今回はトイレの交換は業者に依頼し、トイレのクロスとクッションフロアのリフォームを自分で行うことにしました。 ◆トイレのリフォーム 1 古い壁紙・クッションフロア・巾木をはがします  妻のお気に入りのリーフ柄のクロスですが、新築から30年以上になるのでさすがに経年感があります。 ▲壁紙をはがします ▲クッションフロアと巾木をはがします  床はなかなかきれいにはがれませんので、サンダーなどの電動工具やスクレーパを使用して、できる限り古いクッションフロアや接着剤を落としておきます。 2 下地処理をします  壁紙やクッションフロアをきれいにはるためにはこの下地処理が最も大切です。ここは手抜き厳禁です。  壁紙をはがした時に裏紙が破れたところや段差や穴があるところなどをパテでならします。 ▲使用したパテ、ヘラと100円ショップで購入したまな板 ▲床用補修材(アーススタックを使用)は水と練って使います ▲パテ処理を行ったところ  パテが十分乾いたらサンドペーパーなどで表面をならし、下地処理が完了です。 3 壁紙張り  通常は、巾木を先にはることが多いと思いますが、今回はソフト巾木を使用するため巾木はクロスとクッションフロアを張ったあとに取り付けることにしました。 ▲壁紙をはります  両サイドには白系の縄目のエンボス柄を、正面にはブルー系のタイル調柄のアクセントクロスを選択しました。 4 クッションフロア張…

続きを読む

児島虎次郎記念館から高梁市成羽美術館へ

 児島虎次郎の作品に出合うために、大原美術館児島虎次郎記念館と岡山県高梁市にある成羽美術館を訪れました。 ◆児島虎次郎記念美術館 児島虎次郎記念美術館  児島虎次郎記念館は1972年(昭和47)、大原美術館の別館として、明治期の倉庫を改装してアイビースクエア内に開館されました。虎次郎の作品約200点を所蔵しており、代表作などを順次常設展示しています。  また、虎次郎が収集した古代エジプト美術と中世イスラム美術などはオリエント室で鑑賞できます。  なお、児島虎次郎記念館は今年いっぱいで閉館され、所蔵品は2020年までに開館予定の新児島館(旧中国銀行倉敷本町出張所)へ移される予定ですので、今後訪れる予定の方はWebサイト等でご確認ください。  大原美術館(児島虎次郎記念館) → 公式Webサイト ◆高梁市成羽美術館 高梁市成羽美術館  高梁市成羽美術館は、児島虎次郎の遺徳の顕彰を目的として1953年(昭和28)に開館しました。現在の美術館は3代目に当たり、建築家安藤忠雄氏の設計により1994年(平成6)11月に新築開館したものです。  この美術館には児島虎次郎展示室(成羽美術館所蔵絵画の展示)とオリエント展示室(児島虎次郎が収集した古代エジプト遺物などを展示)が設けられています。 リーフレットと入館券    高梁市成羽美術館 → 公式Webサイト  児島虎次郎は1881年(明治14)岡山県下原村(現 成羽町)に生まれました。1…

続きを読む

大原美術館と25年ぶりの「琥珀の女王」

 大原美術館は、日本で最初の西洋美術を中心とした私立美術館として、1930年に開館しました。1929年に亡くなった洋画家児島虎次郎の業績を記念するため、実業家大原孫三郎によって倉敷に設立されました。当初の所蔵品は、大原孫三郎の委嘱を受けた児島虎次郎が、主として1920年代に欧州で収集した作品や、エジプト、中国、朝鮮半島の古美術などと、児島虎次郎の代表的な遺作でした。 大原美術館本館入口  玄関には両脇にロダン作「洗礼者ヨハネ」と「カレーの市民 ジャン=デール」のブロンズ像があります。  展示館は、本館、分館、工芸・東洋館、児島虎次郎記念館の4つに分かれています。全ての作品をゆっくり鑑賞したい場合は最低でも2~3時間が必要だと思います。私は、倉敷初日(PM)に児島虎次郎記念館、2日目(AM)に本館、分館、工芸・東洋館とまわりました。  なお、入館料は4館の共通券のみで一般1300円、大学生800円、小・中・高500円です。  また、以前は写真撮影可能な時期がありましたが、現在は残念ながら写真撮影禁止です。 共通入館券 ◆本館:西洋近現代の絵画と彫刻  大原美術館のすばらしさは、児島虎次郎が実際に世界各地に足を運び、自身で見て交渉して収集してきたコレクションに尽きます。  大原美術館を鑑賞していると、作品のすばらしさだけではなく、あの時代によくこのような作品が収集できたものだと感動します。日本からフランスまでいくのに最低でも1か月以上かかる時代ですから。ま…

続きを読む