向井潤吉 「ヴァイオリンを持つ少女(鰐淵晴子)」 油彩画10号 浜田美芽(遺族)鑑定証付

 ライフワークとして民家を描き続けた向井潤吉画伯が女優でバイオリニストの「鰐淵晴子」を描いた貴重な作品です。  コレクションとして価値ある1枚です。 【作家名】向井潤吉      2014年美術年鑑(物故者)評価価格 10号1,500万円(号150万円) 【作品名】ヴァイオリンを持つ少女(鰐淵晴子) 2016/03/01 ~ 2016/03/31 遥アートyahoo!店にて特別セール販売中です。

続きを読む

【遥アート】遥アートYahoo!店のご案内

 遥アートオンラインショップのスプリングセールに連動して、期間限定で遥アートYahoo!店(以下Yahoo!店)をお試しオープンしました。    Yahoo!店での販売はセール対象商品のみです。  Yahoo!店では決済方法がクレジットに限られますが、Yahoo! JAPAN IDでログインしていただくとTポイントのご利用が可能になります。また、購入でTポイントがたまります。 -----ここから追加  なお、オンラインショップのセール対象商品の一部をYahoo!店へ移動しましたので、オンラインショップでは"SOLD OUT"表示になっている商品がございます。同商品をYahoo!店ではなくオンラインショップで購入されたい場合は、お問い合わせからその旨ご連絡ください。 -----ここまで追加  継続的に開店するかどうかは今のところ未定です。  皆様のご来店をお待ちしております。  → 遥アートYahoo!店へ

続きを読む

【遥アート】スプリングセールのご案内

 いつもオンラインショップ遥アートをご愛顧いただきありがとうございます。  この度、スプリングセールを開催しますのでご案内します。 ◆セール内容   セール期間中は対象絵画(セールマークがついている商品)が割引価格となっています。 ◆セール期間  ~平成28年3月31日  皆様のご利用をお待ちしております。

続きを読む

【遥アート】後払い決済(コンビニ・郵便振替・銀行振込)のご案内

 オンラインショップ遥アートでは、昨年末より後払い決済もご利用いただけるようになりましたので、ご案内いたします。 -------------------------------------------------------------------------------------- 後払い決済について(後払い決済サービス提供会社BASE(株)からのご案内) 決済手数料:300円(税込) 当店にかわり、BASE株式会社より請求書が送られます。商品到着と請求書の到着は別になります。 配送状況により請求書が先に届く場合がございますのでご注意ください。 請求書発行日から14日後までに、下記コンビニ、金融機関でお支払い下さい。 ご利用になれるコンビニエンスストア(全13社、全国40,000店舗以上) セブンイレブン/ローソン/サークルK/ファミリーマート/ミニストップ/スリーエフ/セーブオン/デイリーヤマザキ/サンクス/ポプラ/ココストア/every one/ヤマザキデイリーストア 銀行・郵便局でもお支払いいただけます。 お支払い代金は「商品代金+送料●●●円+決済手数料300円 (+銀行振込み・郵便振替ご利用の場合はお振込み手数料)」となります。 ギフト注文やプレゼント注文(商品配送先が注文者住所と異なる場合)でもご利用いただけます。 払込み受領票(コンビニ払い)、銀行振込み・郵便振替受領票を領収書としてご利用いただけます。 期日以内にお支払いがない場…

続きを読む

マリー・ローランサン 愛と色彩のシンフォニー 碧南市藤井達吉現代美術館

 碧南市藤井達吉現代美術館で、1月9日(土)から開催されているマリー・ローランサン展に行ってきました。 碧南市藤井達吉現代美術館  長野県茅野市の蓼科湖畔にあったマリー・ローランサン美術館が2011年9月に閉館となり、見たい時に訪れて鑑賞することはできなくなりました。しかし、幸いなことに、この美術館のコレクションを中心とした貸出展が全国各地で開催されるようになりました。他の開催地で、ローランサンの展覧会を見られた方も多いのではないでしょうか。  愛知県の碧南市藤井達吉現代美術館で開催されているマリー・ローランサン展も、マリー・ローランサン美術館コレクションの貸出展です。 マリー・ローランサン展のチケットとパンフレット(裏面一部)  この展覧会は次の5つのセクションで構成されています。 Ⅰ 前衛芸術の渦の中へ 1904年から1909年頃 -16作品 Ⅱ キュビスムと「自分らしさ」 1910年代前半 -10作品 Ⅲ 「ローランサン・スタイル」の誕生 1910年代後半から1920年代 -24作品 Ⅳ 信じる道を進む 1930年代から晩年まで - 10作品 「絵画」と「装飾」のあいだ-部屋を飾る絵 - 10作品  ⅠからⅣまでは時系列的な展示、最後のセクションは装飾的な持ち味からまとめた展示となっています。  私にとってローランサンはとびぬけて好きな画家ではないのですが、こうして生涯を通して描かれた作品を鑑賞すると、女性なら絶対部屋に飾りたくなる絵だなとあらためて思…

続きを読む